zine「M」「O」「J」

活版印刷の世界に惹かれ、写真を撮り続けるなかで出会った、
様々なカタチで「文字」と向きあう人々。
それぞれの世界の片鱗を記録、編集、冊子にしました。

MOJ、I、と記録は続きます。

zine「M」

カリグラファーSando Minako(三戸)さんには手描きの「M」の質感を、
築地活字さんにはEngravers Shadow*という書体の「M」18ptの活字を鋳込んでいただき、
俳人の衣衣さんには「M」を5つの季語に変換して句を作っていただきました。

zine「M」

「M」 2013年5月25日発行 A5 モノクロ 30頁+表紙
作家/協力 Minako Sando築地活字、衣衣(hi→)
価格 900円

*和名はエングラバースシェード、エングラバーシェードなど。

zine「O」

カリグラファー清水裕子さんの手から生まれた「O」の線を、
佐々木活字店さんでお借りした Prince scriptという活字「O」の側面を、
俳人、衣衣さんの「O」のうたを。
それぞれの余白や余韻を楽しんでいただけましたら。

zine「O」 zine「O」 zine「O」 zine「O」

from Inter-Action 2012_001 on Vimeo.

「O」 2013年8月10日発行  モノクロ 30頁+表紙
作家/協力 Shimizu Hiroko佐々木活字店、衣衣(hi→)
価格 900円

zine「J」

カリグラファー白谷泉さんが全身を使って生み出す
わずか2ストロークなかの、肉眼では捉えきれない繊細な筆の動き。

100年以上続く中村活字店の、
中村さんが受け継ぎ、続けてきた、活字組版という、文字を扱う仕事。

それぞれの手が生み出す、その一瞬の記録です。

zine「M」

横浜の活版印刷所で眠っていた古いパラフィン紙に、
東京都内の活版印刷所で使われていた活字を組んで、
横須賀の活版印刷所で働いていた印刷機で、
1枚1枚刷って、ひとつひとつ帯を巻きました。

いずれも譲っていただいた物で、 そこにも「長い時間」があります。

「J」 2014年11月20日発行 105×210 mm モノクロ 62頁+表紙 
作家/協力 Izumi Shiratani、中村活字店
印刷 研究社印刷
価格 900円

取扱い店

▶京都 恵文社一乗寺店 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080045000106/order/
▶鎌倉 books moblo
▶茨城 O'keeffeと三春(M、O)
▶富山 nowhere(M、O)
▶尾道 zine ciecus −-> 2013/10/13

制作/撮影/発行 お問合せ先 ズアン課